海外ドラマ

海外ドラマ【The OC】あらすじやキャストや感想を紹介

「The O.C.」は、2003年から2007年にかけてアメリカで放送された、ティーンエイジャーの恋愛模様や人間関係を中心に描かれたドラマです。
魅力的なストーリー展開や西海岸の最先端ファッションなどがアメリカのティーンエイジャーを中心に話題を集めて大ヒットした作品です。ヒロイン枠の「ミーシャ・バートン」や「レイチェル・ビルソン」は、本作でブレイクし、一躍、全米のファッション・アイコンにもなりました。
今回は全米のティーンエイジャーをクギ付けにした「The OC」のあらすじやキャストを紹介していきます。

1. 海外ドラマ「The OC」のあらすじ

「The OC」の舞台は、アメリカのカリフォルニア州にあるオレンジ・カウンティ。タイトルのO.C.は、このオレンジ・カウンティを意味しています。オレンジ・カウンティは美しいビーチが広がる海辺の街で、高級住宅街が立ち並ぶ地区でもあります。
裕福層と貧困層の対比が描かれていたりと、一時期は「現代版ビバヒル」と呼ばれることもありました。

そんな高級住宅街に、住む弁護士のサンディー・コーエンがある日、窃盗の容疑で逮捕された不良少年のライアン・アトウッドの弁護を引き受けます。
ライアンは、セレブとは程遠い貧困地区「チノ」の出身。
無事保釈されたライアンは、チノにある自宅に戻りますが、母親や母親の恋人と衝突して家を出ることになります。
その後、親に見捨てられたライアンを弁護士のサンディーが一時的に引き取ることになりました。

コーエン家にはサンディーの他に、一人息子のセス・コーエンと妻のキルスティン・コーエンが暮らしており、お手伝いさんもいます。サンディーの息子セスは、ライアンと同い年で、ゲームやアメコミが大好きなオタク少年で友達もいませんでしたが、ライアンとの出会いが少しずつセスを変えていきます。
妻のキルスティンは不良少年であるライアンを引き取ることに不安を感じていましたが、サンディーの説得により一時的に同居することを了承します。

ライアンはコーエン家に来たその日に、運命的な出会いを果たします。
その相手は、コーエン家の隣に住むマリッサ・クーパーでした。
二人は初対面ながらもお互いに惹かれあいますが、マリッサにはお金持ちのボンボン彼氏がいました。

その後、紆余曲折あり、ライアンは正式にコーエン家の一員になります。
そして貧困地区「チノ」で生まれ育ったライアンは、今までとは180度違う環境で高校生活をスタートします。

2. 海外ドラマ「The OC」キャスト紹介

※キャストはシーズン1の登場人物を中心に紹介します。

2-1. ライアン・アトウッド(演:ベンジャミン・マッケンジー)

ベンジャミン・マッケンジーが演じるライアンは、本作の主人公で、貧困地区「チノ」出身の少年。
兄のトレイと車を盗み、警察に逮捕されるが、根は真面目で正義感が強く、学力も高い。
弁護士のサンディー・コーエンの計らいにより、コーエン家に引き取られ、高級住宅街の住人になる。
コーエン家の隣人であるマリッサと惹かれ合うが、「俺たちは住む世界が違う」と言って、マリッサを引き離してしまう。

2-2. マリッサ・クーパー(演:ミーシャ・バートン)

ミーシャ・バートンが演じるマリッサは、本作のメインヒロインで、コーエン家の隣に住むクーパー家の長女。
かなりの美少女であり、学校では中心的存在でもある。
裕福な家庭のお嬢様で、一見すると何不自由無く暮らしているように見えるが、色々抱えながら毎日を過ごしている。
基本的には面倒見が良く、優しい性格でもあるが、少々首を突っ込みすぎる癖があったり、お節介をやきすぎたり、情緒不安定でメンヘラ気質な部分もある。
マリッサ役のミーシャ・バートンは本作をきっかけに大ブレイクを果たす。

2-3. セス・コーエン(演:アダム・ブロディ)

アダム・ブロディが演じるセスは、本作の準主人公的な立ち位置で、コーエン家の一人息子。
アメコミやゲームが好きなオタク少年で、友達もいなかったが、ライアンとの出会いにより、セスの人生にもさまざまな変化が訪れる。幼少期からサマーに恋をしているが、内向的な性格のため、サマーに自身の存在を知ってもらうことすらできていなかった。
また、かなりの皮肉屋でもあり、皮肉の効いたセリフを発することが多い。

2-4. サマー・ロバーツ(演:レイチェル・ビルソン)

レイチェル・ビルソンが演じるサマーは、本作の準ヒロイン的な立ち位置で、マリッサの親友。
恋やおしゃれに夢中でパーティー大好きなパーティーガール。
派手な見た目で、明るい性格である反面、思いやりがあり優しい性格も持ち合わせている。
シーズン1の最初の時は、「イケイケのねーちゃん出てきたな!」という感じだったが、回を重ねるごとにサマーの内面が描かれるようになり、サマーファンも増えていった。
ずっとセスに好意を寄せられていたが、本人はまったく気が付いていないどころか、セスの存在にすら気が付いていなかった。
ちなみに、セス役のアダムとレイチェルは実際にリアルで恋人関係だったことでも有名である。

2-5. サンディー・コーエン(演:ピーター・ギャラガー)

ピーター・ギャラガー演じるサンディーは、コーエン家の大黒柱で弁護士。
本人曰く、妻のキルスティンに比べれば弁護士の稼ぎなんて少ないとのこと。
サンディーはブロンクス出身で、いわばライアンと似たような環境で育ってきたため、車窃盗で逮捕され、家族に見放されたライアンを過去の自分と重ね合わせて、ライアンを引き取ることに。
真面目な性格で、とても頼り甲斐のある父親でもある。
ちなみに、息子のセスの皮肉屋な性格は、父であるサンディー譲りのものである。
とりあえずサンディーは眉毛が太い。
シーズン2で、キルスティンのために歌ったソロモン・バークの「Don't Give Up On Me」は視聴者を惹きつけた。

2-6. キルスティン・コーエン(演:ケリー・ローワン)

ケリー・ローワンが演じるキルスティンは、サンディーの妻で、キルスティンの父であるケイレブが経営する大企業のNo.2。
清楚系の見た目で、穏やかで、家族を大切にする良き妻であり、良き母である。
ただし、料理は大の苦手であり、家族間で「キルスティンを食材に近づけない」という協定が結ばれたほどだった。

2-7. ジミー・クーパー(演:テイト・ドノバン)

テイト・ドノバンが演じるジミーは、マリッサの父であり、株取引の仕事をしていたが、
顧客の資産運用に失敗して破産してしまう。
そして、妻であるジュリーとは離婚することになり、娘のマリッサとケイトリンは妻のジュリーが親権を持つことになった。
ジミーの破産を機に、クーパー家がいろいろ変わっていってしまう。
キルスティンの元カレでもある。

2-8. ジュリー・クーパー(演:メリンダ・クラーク)

メリンダ・クラークが演じるジュリーは、マリッサの母親で、キルスティンとは一応、友人関係にある。
ジュリーは人間の欲望を絵に描いたような人物であり、とにかくキャラが濃厚すぎるくらい濃厚である。
贅沢しなければ満足できず、かなり自己中心的な人物である。
そのため、ジミーが破産した際には離婚を即決。
その後、とんでもない人物と再婚するが、それは実際に観てのお楽しみということで。
視聴者をイラつかせるタイプのキャラクターだが、少し視点を変えてみると、個性的で人間味のある面白い人物でもある。

2-8. ルーク・ワード(演:クリス・カーマック)

クリス・カーマックが演じるルークは、ライアンたちの同級生であり、マリッサのボーイフレンド。
イケメン、高身長、家は金持ち、スポーツ万能、水球チームのスター、という、かなりハイスペックな人種である。
ただし性格が悪く、よそ者のライアンを嫌っており、ライアンとは何度も衝突を繰り返していた。
とりあえず、いろいろとやらかしてしまうキャラクターであり、ジュリー・クーパー同様に視点を変えてみると面白い人物である。
回を重ねるごとに、キャラクターに変化が表れてくる。
簡単に言うと、ドラゴンボール初期に登場したベジータが、最近ではキャラ崩壊しているレベルで変化してるといった具合にルークもキャラ崩壊する。

2-9. オリバー・トラスク(演:テイラー・ハンドリー)

テイラー・ハンドリーが演じるオリヴァーは、本作のサイコパス的ポジションに位置する。
ネタバレしないように説明すると、とりあえずヤバいやつである。
シーズン1の途中から登場するが、一見、ニコニコして良いやつそうに見えるが、
「目が笑ってない」「目の奥に闇を感じる」
と、多くの視聴者に恐怖を与えた。
このオリヴァーの一件で、マリッサに怒りを感じて、
「マリッサよりサマーだよな」
「俺はアンナが好き」
という具合に、視聴者のマリッサ離れが多発した。
オリヴァー事件の真相はぜひドラマを観て確認してほしい。

2-10. アンナ・スターン(演:サミーア・アームストロング)

サミーア・アームストロングが演じるアンナは転校生の女の子。
セスと趣味や価値観が似ていて意気投合。
それからというものセスにべったりだが、サマーが「ちょっと待った」をかける。
果たして、セスとサマーとアンナの恋の行方はいかに。
ちなみに当メディア管理人のビリーはアンナとシーズン3から登場するテイラーが大好きだ!

3. 海外ドラマ「The OC」の感想

※以下ネタバレは含みませんので、ご安心ください。

もう10年以上前に見た作品なので、いろいろ記憶をたどり、思い出しながら記事を書いていましたが、The OCと聞いて真っ先に思い浮かんだのが、メリンダが演じるジュリー・クーパーでした。
100作以上の海外ドラマを観てきましたが、ジュリー・クーパーほど視聴者に印象を残した人物は、なかなかいないんじゃないかと思うくらい、キャラがとにかく濃いですね。
また、キャスト紹介で登場人物たちのことを書いていたら、メインキャラよりサブキャラの方がキャラが濃いなと、改めて思いました。
ジュリーは言うまでもないですが、オリヴァーにしてもルークにしてとにかくサブキャラが良い個性を放っているんですよね。
ピーター・ギャラガーやテイト・ドノバン、メリンダ・クラークなどの実力派俳優たちが本当にいいアクセントになっています。

メインストーリはライアンやマリッサたち主要登場人物を中心に描かれるティーンエイジャーの恋愛や苦悩を描いた作品なのですが、それとは別に、大人たちのドラマが展開されていったり、社会問題を表現していたりと、様々な角度から楽しむことができる作品です。

また、Phantom Planet(ファントム・プラネット)が歌う主題歌「California」も素晴らしい楽曲ですね。
イントロが流れると、今回はどんなストーリーが展開されていくんだろうと、わくわくした気持ちになりますね。

私自身、普段は恋愛系やティーン系のドラマはあまり観ないのですが、「The OC」に限っては初めてのめり込めた恋愛系・ティーン系の作品でした。
まだ観ていない方は、ぜひこの機会にご覧ください。
すでに観た方でも、この記事を読んでいただき、久々に観たくなったという方も是非ご覧ください。
昔観た作品でも、自分が年齢を重ねてからもう一度観ると、捉え方や見え方が変わって、その作品の違った一面を楽しめますね。

5. 海外ドラマ「The OC」を観ることができる動画配信サービス

2021年1月現在、「The OC」はいくつかの動画配信サービスで見ることができます。
そのうちのいくつかを紹介します。

5-1. Hulu(フールー)

Huluは2週間の無料トライアルを開催しています。
この機会にぜひチェックしてみてください。

2週間無料トライアル開催中

5-2. U-NEXT

U-NEXTも、31日間の無料期間があります。
無料期間のうちに、観たい動画をチェックできますのでオススメですよ。

アニメを見るならU-NEXT

-海外ドラマ

© 2021 Medi Digi Entertainment(メディッジ)| アニメ・海外ドラマ・VOD情報をお届け